TOP > 健康保険のしくみ > 標準報酬月額・標準賞与額

標準報酬月額・標準賞与額 標準報酬月額・標準賞与額は保険料計算のもとになります

標準報酬月額

健康保険では、被保険者の給料・賃金に応じて、毎月の保険料の額を決めることになっています。この給料・賃金を「報酬月額」といいますが、これには基本給のほか、残業手当などの諸手当も含まれます。

この報酬月額は人によって額が違い、年月により変動があるので、事務を簡単にし計算を正確に行うために、報酬月額を一定の幅で区分した「標準報酬月額」に当てはめることになっています。標準報酬月額は、1等級・58,000円〜50等級・1,390,000円の50のランクに分けられており、これを「等級」といいます。

たとえば、報酬月額が225,000円の人の標準報酬月額は、18等級・220,000円になります(矢印保険料額表)。

また、標準報酬月額は、保険料を計算するときだけでなく、「傷病手当金」、「出産手当金」を計算するときにも使われます。

標準報酬を決める時期

  • 入社したとき(資格取得時決定)
  • 入社すると健康保険に加入することになるので、給料が決まったときに標準報酬月額が決められます。

  • 毎年7月1日現在で(定時決定)
  • 毎年4・5・6月の給料の平均額をもとに決める方法で、これを標準報酬月額の「定時決定」といいます。その年の9月から翌年の8月までの1年間は、定時決定された標準報酬月額が毎月の保険料の計算などに使われることになります。

  • 昇給、降給などにより給料が大幅に変動したとき(随時改定)
  • 昇給や降給などで給料の「固定的賃金」が変わり、引き続いた3ヵ月間の報酬月額の平均を当てはめた標準報酬月額の等級が、前の等級に比べて2等級以上変わるときには、臨時に標準報酬月額を計算し直します。これを標準報酬月額の「随時改定」といいます。

  • 育児休業等終了後に、標準報酬が1等級以上変動したとき
  • 被保険者が育児休業等を終了した際、3歳未満の子を養育している場合で、固定的賃金の変動に関わらず育児休業等を終了した日の翌日が属する月以降3ヵ月間に受けた報酬の平均が従前の等級と1等級以上差が生じたときには、被保険者からの申出により標準報酬月額の改定をすることができます。

標準賞与額

賞与の保険料は、「標準賞与額」に基づいて決められます。標準賞与額とは、各被保険者へ1回ごとの賞与支給総額の1,000円未満の端数を切り捨てたものです。ただし、年度(4月1日〜翌年3月31日)の累計額で573万円の上限が設けられており、それを超える分には保険料はかかりません。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから