TOP > 健康保険のしくみ > 健康保険のしくみ

健康保険のしくみ 病気・けがなどにそなえるのが健康保険制度です

健康保険組合は政府に代わって健康保険を管理運営する

医療保険には数種類あり、勤め先などによって加入する制度が異なり、そのなかでも主に民間の会社などで働く人を対象につくられているのが「健康保険」です。

また、健康保険を管理運営する機関を「保険者」といい、健康保険は保険者によってさらに2つに分けられます。

1つは、全国健康保険協会が保険者である協会管掌健康保険(協会けんぽ)です。もう1つは組合管掌健康保険で、「健康保険組合」が保険者になり、政府に代わって独自の立場で管理運営を行います。

健康保険には75歳未満の人が加入する

健康保険は、加入している本人やその家族の病気、けが、出産、死亡のときの出費にそなえて、働く人たちと会社とがそれぞれ保険料を出しあい、必要な医療や手当金を受けられることを目的に作られた制度です。

健康保険には、法律に基づいて、民間の会社で働く75歳(寝たきり等の人は65歳)未満のすべての人が加入しなければならないことになっています。

健康保険には事業所単位で加入する

健康保険には会社などの事業所単位で加入します。一部の業種を除いた5人以上の従業員のいる個人事業所と、すべての法人事業所は、適用事業所といい、健康保険への加入が義務づけられています。

適用事業所で働く人はすべて健康保険に加入します。加入者を被保険者といい、その雇い主である事業所を事業主といいます。加入の手続きなどは、事業所ごとに行われます。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから