TOP > いざというときのための保険給付 > 健康保険で診療を受けるとき

健康保険で診療を受けるとき 医療費の一部を医療機関の窓口で負担します

療養の給付・家族療養費

保険証を持っていけば療養の給付が受けられます

被保険者本人も被扶養者も、医療機関に保険証(70歳以上の人は高齢受給者証も)を持っていけば、必要な医療が受けられます。

窓口負担額は年齢によって異なります

病気・けがをしたときには、本人も家族も、健康保険で医療機関にかかることができます (療養の給付、家族療養費)。その際、かかった医療費の一部を、一部負担金(家族の場合は自己負担)として、医療機関の窓口で支払います。

 患者の窓口負担割合

小学校入学前まで 医療費の2割
小学生以上70歳未満の人 医療費の3割
70歳以上75歳未満の人 医療費の2割 (平成26年3月31日以前に70歳になった方は1割)<現役並み所得者は医療費の3割 >

※現役並み所得者とは、70歳以上75歳未満の被保険者で標準報酬月額が28万円以上の人と、その被扶養者で70歳以上75歳未満の人をいいます。ただし、標準報酬月額が28万円以上でも、年収が520万円(1人世帯の場合は383万円)に満たない旨を健康保険組合に申し出た場合には、2割(平成26年3月31日以前に70歳になった方は1割)負担になります。

 

窓口負担が一定額を超えると払い戻しがあります

本人の一部負担金や家族の自己負担が一定額を超えたときは、あとで高額療養費(矢印医療費が高額になったときを健康保険組合から受けることができます。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから