入院したとき 入院中の食事にも定額の患者負担があります

入院時食事療養費

入院の食事の標準負担額は原則1食460円

入院したときの食事の費用も、健康保険から入院時食事療養費として給付されますが、その一部を標準負担額として患者が自己負担します。患者1食当たりの負担は、次のようになっています。

 70歳未満の人の標準負担額

一般 460円
低所得者 210円(91日目以降は160円)

※低所得者とは、市(区)町村民税非課税者等である被保険者とその家族をいいます。

※指定難病患者又は小児慢性特定疾病患者で一般所得区分に該当する方は260円。

 70歳以上の人の標準負担額

一般 460円
低所得者U 210円(91日目以降は160円)
低所得者T 100円

※低所得者Uとは、被保険者が市区町村民税非課税者等である場合です。

  低所得者Tとは、被保険者とその扶養家族が市区町村民税非課税者等で、必要経費・控除額を控除したあとの所得が0円である場合です。

※低所得者に該当する方には、限度額適用、標準負担額減額認定証を発行しますので、健康保険組合までお問い合せください。

※指定難病患者又は小児慢性特定疾病患者で一般所得区分に該当する方は260円。

高齢者は生活療養標準負担額を負担

65歳以上の本人・家族が、療養病床(慢性病の人が長期入院する病床)に入院したときの生活療養の費用(食費と居住費)も、健康保険から入院時生活療養費として給付されますが 食費(食材料費+調理コスト相当額)と居住費(光熱水費相当額)を生活療養標準負担額として、医療費の一部負担金(自己負担分)とは別に負担します。

 生活療養標準負担額

一般 1食460円※1 + 1日370円
低所得者U 1食210円 + 1日370円
低所得者T 1食130円 + 1日370円

※低所得者U・I は上記と同じ

※指定難病患者の生活療養標準負担額は、食事療養標準負担額と同額の食材料費相当額となります。

※1 医療機関によっては1食420円になります。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから