TOP > いざというときのための保険給付 > 訪問看護を受けたとき

訪問看護を受けたとき 訪問看護を受けたときには一定の患者負担があります

訪問看護療養費・家族訪問看護療養費

訪問看護を受けたときには費用の一部を負担します

在宅の患者は、かかりつけの医師の承認を受けたうえで、訪問看護ステーションから派遣された看護師などから療養上の世話などの訪問看護を受けることができます。訪問看護の対象となるのは、在宅の末期がん患者、難病患者、重度障害者(筋ジストロフィー、脳性麻痺等)など通院が困難な人です。

訪問看護の費用は訪問看護療養費(家族は家族訪問看護療養費)として健康保険組合から訪問看護ステーションに支払われますが、患者は基本利用料を自己負担します。基本利用料は、小学校入学前までは訪問看護費用の2割、小学校入学以降70歳未満の人は3割、70歳以上の人は2割(平成26年3月31日以前に70歳になった方は1割)〈現役並み所得者は3割〉です。

なお、患者が希望して、休日・時間外や2時間を超える長時間の看護サービスを受けたときは、その分の特別料金を支払います。

 訪問看護事業のしくみ

訪問看護事業のしくみ
MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから