TOP > いざというときのための保険給付 > 医療費が高額になったとき

医療費が高額になったとき 窓口負担が一定額を超えたときは払い戻しがあります

高額療養費要申請

自己負担限度額を超えたとき払い戻しを受けられる

本人や家族が支払った窓口負担が一定の額(自己負担限度額)を超えたときには、その超えた額が高額療養費として健康保険組合から払い戻されます。

70歳以上の人が含まれる世帯の場合

表2 70歳以上の人の自己負担限度額

所得区分 自己負担限度額
A:外来(個人ごと) B:世帯単位(入院を含む)
現役並み
所得者
57,600円 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
〔多数該当:44,400円〕
一般所得者 14,000円
(年間14.4万円上限)
57,600円
〔多数該当:44,400円〕
低所得者U 8,000円 24,600円
低所得者T 8,000円 15,000円

※現役並み所得者とは、70歳以上75歳未満の被保険者で標準報酬月額が28万円以上の人と、その被扶養者で70歳以上75歳未満の人をいいます。ただし、標準報酬月額が28万円以上でも、年収が520万円(1人世帯の場合は383万円)に満たない旨を健康保険組合に申し出た場合には、2割(平成26年3月31日以前に70歳になった方は1割)負担になります。

※低所得者Uとは、被保険者が市区町村民税非課税者等である場合です。

  低所得者Tとは、被保険者とその扶養家族が市区町村民税非課税者等で、必要経費・控除額を控除したあとの所得が0円である場合です。

※現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となります。

70歳以上の人だけの世帯の場合

  • 外来の場合の1人・1ヵ月の窓口負担額を合計し、表2のAの自己負担限度額を超えたときに、超えた額が払い戻されます。
  • 同じ世帯ですべての窓口負担額(外来分は表2のAの自己負担限度額を適用したあとに残る窓口負担額、入院分は表2のBの現物給付があったときに残る窓口負担額)を合計し、表2のBの自己負担限度額を超えたときに、超えた額が払い戻されます。
  • 同じ医療機関に入院したときの1人・1ヵ月の窓口負担額が、表2のBの自己負担限度額を超えたときには、高額療養費が現物給付され、窓口負担は自己負担限度額までとなります。

70歳未満の人と70歳以上の人がいる世帯の場合

70歳未満の人と70歳以上の人がいる世帯では、世帯合算して高額療養費が支給されます。この場合、次の1〜3で高額療養費の額を計算し、世帯で最も高いものが払い戻されることになります。

  • 70歳以上の人の1ヵ月分の外来の窓口負担額を個人ごとに合計し、表2のAの自己負担額を超えた額が高額療養費の額になります。
  • 70歳以上の人の1ヵ月分の外来の窓口負担額と入院の窓口負担額を世帯で合計し、表2のBの自己負担限度額を超えた額が高額療養費の額になります。
  • 70歳未満の人の窓口負担額(21,000円以上のものに限る)と70歳以上の人のすべての窓口負担額を合計し、表1(矢印70歳未満の人だけの世帯の場合)の自己負担限度額を超えた額が高額療養費の額になります。

申請方法

申請書類 pdfA3高額療養費支給申請書
添付書類 低所得者の場合は被保険者本人の非課税証明書
外傷で申請する場合はpdfA4負傷原因届
MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから