TOP > いざというときのための保険給付 > 病気療養のために会社を休んだとき

病気療養のために会社を休んだとき 病気やけがで仕事につけないときには傷病手当金が受けられます

傷病手当金要申請

病気やけがで続けて4日以上仕事につけないとき4日目から

被保険者が、病気・けがのために、仕事につけず、給料が受けられないときには、傷病手当金を受けることができます。

傷病手当金を受けるための条件は次の4つです。

  • 病気・けがのために療養中である。
  • そのためにいままでやっていた仕事につけない。
  • 4日以上仕事を休んだ(引き続く3日間の待機をおき、4日以上休んだとき4日目から)
  • 給料を受けられない(給料を受けていても、その額が傷病手当金の額より少ないときには、その差額を受けることができます)。

支給金額について

平成28年3月31日までの支給金額

1日につき「標準報酬月額の30分の1の3分の2に相当する額」(矢印支給日額表)

(例)標準報酬月額200,000円の場合

200,000円÷30日=6,670円 ※1
6,670円×2/3=4,447円 ※2

※1 1の位を四捨五入します
※2 小数点があれば、小数点第1位を四捨五入します

平成28年4月1日からの支給金額

1日につき「支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヶ月の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1の3分の2に相当する額」

(例)標準報酬月額260,000円の月が2ヶ月、標準報酬月額300,000円の月が10ヶ月の場合

(26万円×2ヶ月+30万円×10ヶ月)÷12ヶ月÷30日=9,780円 ※1
9,780円×2/3=6,520円 ※2

※1 1の位を四捨五入します
※2 小数点があれば、小数点第1位を四捨五入します

 

◎傷病手当金と出産手当金の調整について
 出産手当金を支給する場合、その期間については傷病手当金を支給しないことになっていますが、平成28年4月から、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額を支給することになります。

支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合は、

  • 支給開始日の属する月以前の直近の継続した各月の標準報酬月額の平均額の30分の1の3分の2に相当する額
  • 支給開始日の属する年度の前年度9月30日における全被保険者の標準報酬月額の平均額の30分の1の3分の2に相当する額

を比べて、少ない方の額を使用して計算します。

受け始めた日から1年6ヵ月の期間内で受けられる

傷病手当金は、受け始めた日から1年6ヵ月の間受けられます。健康保険組合は、仕事につけない状態かどうかについて、業務そのほかの実情を調べたうえで、支給日数を決めます。

申請方法

申請書類 pdfA3傷病手当金請求書 必ずA3で提出してください。
添付書類

【第1回目の申請、または申請期間中に出勤日・有給休暇が含まれるとき】

申請期間にかかる賃金台帳、出勤簿の写し

【被保険者が亡くなられ、ご遺族の方が申請するとき】

相続人であることが確認できる戸籍謄本(全部事項証明書)

【厚生年金を受給しているとき】

年金支払通知書の写し

注意事項
  • 傷病手当金受給中に、障害厚生年金・老齢厚生年金等の受給権が発生した場合、または金額が改定された場合は、すみやかに当健保組合までご連絡ください。
  • 傷病手当金の支給につきましては、健康保険法に基づいた審査等を行いますので、追加の書類を提出をしていただく場合や、支給決定まで時間がかかる場合があります。
  • 申請書に記入漏れ等がありますと支給が遅れますのでご注意ください。
MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから