TOP >保健事業 > 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

平成20年4月より、40歳から74歳のすべての被保険者・被扶養者の方を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診・特定保健指導がスタートしました。特定健診では、メタボリックシンドロームのリスク判定により予備群や該当者を見つけ出し、その対象者には糖尿病、脳卒中、心筋梗塞など生活習慣病の発症を防ぐための特定保健指導を行います。 pdfA4特定健康診査等実施計画

特定健診

対象者

40歳から74歳の被保険者・被扶養者

検査項目

●質問票(服薬歴・喫煙歴等に関する問診)
●身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
●理学的検査(身体診察)
●血圧測定
●血液検査
    ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
    ・肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT(γ‐GTP))
●尿検査(尿糖、尿蛋白)

※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合には「詳細な健診」として、心電図、眼底検査、 貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)を受けていただくことがあります。

受診方法

当組合の契約医療機関で実施する健診(特定健診・一般健診・生活習慣病健診・人間ドック)は、特定健診の検査項目を満たしているので、これらを受ければ特定健診を受けたことになります。契約医療機関以外で健診を受ける場合は、特定健診の検査項目を含んだ健診を受ける必要があります。矢印各種健康診断受診の手順

特定保健指導

 

対象者

特定健診の結果から、メタボリックシンドロームのリスクをカウントし、「情報提供」・「動機付け支援」・「積極的支援」の3つに階層化します。生活習慣の改善が必要な「動機付け支援」、「積極的支援」に該当した方が特定保健指導の対象となります。 pdfA4特定保健指導対象者の判定方法

実施内容

情報提供 受診者全員に、健診結果の見方や生活習慣改善に関する基本的な情報を健診結果の通知にあわせて提供します。
動機付け支援
(メタボリックシンドローム
のリスクが現われ始めた方)
原則1回の面接による支援
初回面接
(個別面接20分以上またはグループ面接(8名以下)80分以上)

医師・保健師等と面接し、生活習慣改善のための目標・計画を立てます。 その後、ご自身で生活習慣改善に取り組みます。

6ヶ月後

面接・電話・メール等で健康状態・生活習慣(改善状況)の確認を行ないます。

積極的支援
(メタボリックシンドローム
のリスクが高い方)
3ヶ月以上の継続的な支援
初回面接
(個別面接20分以上またはグループ面接(8名以下)80分以上)

医師・保健師等と面接し、生活習慣改善のための目標・計画を立てます。

3ヶ月以上の継続的な支援

面接・電話・メール等を用いた支援を受け、ご自身で生活習慣改善に取り組み ます。

6ヶ月後
 

面接・電話・メール等で健康状態・生活習慣(改善状況)の確認を行ないます。

申込方法

特定保健指導が必要と判定された方には、当組合から対象者のご自宅宛にご案内をいたします。特定保健指導を希望される方は、当組合までお申込みください。

費用

特定保健指導の費用の負担はありません(当組合が全額負担いたします)。
ただし、当組合の資格を喪失された方は、資格喪失日以降の特定保健指導の費用は全額個人負担となりますのでご了承願います。

パート先等で健診を受ける被扶養者の方へ

40歳から74歳の被扶養者の方が、パート先等で健診(特定健診の検査項目を含むもの)を受けた場合は、健診結果表(コピー)を当組合にお送りください。健診結果により特定保健指導が必要と判定された方には、当組合から特定保健指導のご案内をいたします。

後期高齢者支援金の加算減算について

平成20年度から始まりました特定健診・特定保健指導は、健保組合などの各医療保険者に実施が義務付けられています。平成25年度から平成29年度の国の目標値は、特定健診実施率85%、特定保健指導実施率30%、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を25%減少(平成20年度対比)することとされております。この実績により、各医療保険者が拠出する後期高齢者医療制度への支援金の額が加算・減算されることになっています。こうした財政面への影響も含めて、特定健診・特定保健指導の適切・効率的な実施を目指してまいります。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから