各種健康診断受診の手順

愛知県情報サービス産業健康保険組合では、被保険者と被扶養者のみなさまの疾病予防として各種健康診断に対して助成を行っています。

健康診断は、当健康保険組合の契約医療機関にて受けることができます。

また、契約医療機関以外で受けた場合でも、申請により、助成を受けることができます。

受診方法は次のとおりです。

契約医療機関で受診する場合

1.医療機関を探す

契約医療機関を探します。矢印契約医療機関一覧をご覧ください。

2.予約する

契約医療機関へ直接予約してください。予約の際には、「愛知県情報サービス産業健康保険組合」の加入者であることを告げてください。

3.受診する

受診日当日は保険証を受付に提示していただき、各健康診断コースすべての検査項目を受診してください。未受診の検査項目がある場合は助成を受けられません。

受診後、自己負担額がある場合は自己負担額をお支払いください。

契約医療機関以外で受診する場合

1.医療機関を探す

希望の医療機関を探します。

健康診断の助成を受けるためには、当健康保険組合が各健康診断ごとに定める矢印必須検査項目を必ず受診してください(下記必須検査項目一覧表参照)。必須検査項目を受診していない場合は、助成の対象になりませんので、受診前に必ず検査項目の確認していただき、当日はすべての検査項目の受診をお願いします。

2.予約する

希望の医療機関へ直接予約してください。

3.受診する

受診日当日は保険証を受付に提示してください。健康診断はすべての検査項目を受診してください。未受診の検査項目がある場合は助成を受けられません。受診後、健診費用を支払い、領収書を受け取ってください。

4.助成金を申請する

矢印各種健康診断助成金交付申請書領収書原本健康診断結果表(40歳以上の方は質問票含む)を添付(紙媒体)し、事業所経由で当健康保険組合へ(任意継続被保険者は直接)提出してください。健診結果を磁気媒体で受け取ることができる場合は、健康診断結果表(紙媒体)と磁気媒体の添付をお願いします。

※申請期限…健診受診年度の翌年度6月末日
                    (添付書類が揃い次第、お早めにご提出ください。)

必須検査項目一覧表

A.生活習慣病健診

※対象者:35歳以上(年度内到達の年齢)の被保険者・被扶養者

○血液検査  ○消化器(胃部)検査
B.人間ドック

※対象者:40歳以上(年度内到達の年齢)の被保険者・被扶養者

○血液検査  ○消化器(胃部)検査  ○超音波検査
○心電図検査  ○胸部X線検査  ○便(潜血)検査
C.40歳以上の方(特定健診の検査項目)

※年度内40歳到達者を含む


○質問票 (服薬歴、喫煙歴 等に関する問診)  ○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
○理学的検査(身体診察)  ○血圧測定
○血液検査
   ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
   ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
   ・肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT(γ‐GTP))
○尿検査(尿糖、尿蛋白)

※40歳以上の方が生活習慣病健診・人間ドックを受診する場合はA・Bの各必須検査項目とCの必須検査項目を満たした健康診断を受診してください。

助成を受けるための必須検査項目

※1   35歳未満の方が、生活習慣病健診または人間ドックを受診した場合、一般健診として8,000円を上限に実費を助成。

※2   35歳以上40歳未満の方が、人間ドックを受診した場合、生活習慣病健診として21,000円を上限に実費を助成。ただし、生活習慣病健診の必須検査項目「A」を受診していること。

※ご注意

健診費用の助成について

特定健診・一般健診・生活習慣病健診・人間ドック・共同巡回女性健診のうち、いずれかを年度内1回助成いたします。上記の健康診断の重複助成は行ないません。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから