TOP > 知っておきたい制度と知識 > 交通事故にあったとき

自動車事故にあったとき 自動車事故などの場合健康保険でかかったときは、健康保険組合があとから加害者に請求します

健康保険組合が一時医療費を立て替える

自動車事故のように加害者があって起きた事故などによる病気・けがの場合も、健康保険で医療を受けることができます。こうした場合は、本来加害者が医療費を負担するべきものですから、健康保険組合は一時医療費を立て替えて、あとから加害者に請求することになります。

必ず「第三者の行為による傷病届」を健康保険組合に提出する

自動車事故の場合は、ふつう自賠責保険や任意保険などの自動車保険が、被害者の医療費を補償することになっていますから、健康保険で医療を受けると、健康保険組合は加害者またはその保険会社に医療費を請求することになります。

健康保険組合は、患者からの届け出がないと、加害者による病気・けがであることがわかりませんので、加害者が負担すべき医療費を、皆さんの保険料から支払うことになってしまいます。そうならないためにも「pdfA4交通事故に関する書類一式」を、すみやかに健康保険組合に届け出る必要があります。

示談のときは、あらかじめ健康保険組合に相談する

加害者との示談で、医療費を受けとってしまうと、その分については健康保険組合からは支払われません。もし、健康保険で医療を受けているから医療費はいらないという示談をしてしまうと、医療費は被害者が全額自費負担しなければならなくなってしまいます。

健康保険を利用したときは、示談の前に必ず健康保険組合に相談してください。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから