TOP > 知っておきたい制度と知識 > 業務上や通勤途上の病気・けがのとき

業務上や通勤途中の病気・けがのとき 業務上や通勤途上の病気・けがは労災保険で医療を受けます

医療を受けるのは労災指定医の医療機関

業務上や通勤途上の事故が原因で病気・けがをしたときは、健康保険ではなく、労災保険の給付を受けます。

診療を受けることができるのは、労災病院や労災指定医です。やむを得ず指定医以外の医療機関にかかった場合は、患者が立て替え払いをし、あとで請求の手続きをして払い戻しを受けます。

業務上の病気・けがとは

業務上の病気については、労働基準法で定められています。

業務上のけがとは、

  • 作業の準備(後始末、休憩時間)中
  • 用便、飲水など生理的に必要な行為によって作業を中断している場合
  • 火災などのときの防護、救出作業中
  • 出張途中

なども認められています。実際には、個々のケースでそのつど判断されます。

通勤途上と認定されれば労災保険で

通勤途上とは、

  • 仕事との関連がある
  • 自宅と勤務先の往復である
  • 合理的な通勤経路・方法である
  • 往復の経路からはずれたり中断したりしていない

などの要件をすべて満たす場合で、実際の認定にあたっては、この要件に照らして、個々の具体的なケースに応じて実態的に判断されます。

なお、通勤途上と認定されないときには、健康保険でかかることになります。

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから