TOP > 知っておきたい制度と知識 > 医療費控除で税金が戻る

医療費控除で税金が戻る 患者の負担が一定額を超えると税金が戻ります

年間に所得の5%か10万円のどちらか低い額を超えたとき

1世帯で、病気・けがのために、1年間に支払った医療費が、年間所得の5%か10万円のいずれか低い額を超えると、確定申告をすれば税金が戻ってくる制度があります。医療費控除という制度で、この場合は医療費として扱われ、課税対象から控除されます。医療控除の最高限度額は200万円です。

医療費には自費負担も含まれる

医療費控除を受けられる医療費とは、医療を受けるのに直接必要な費用で次のようなものが、その対象になります。

  • 医療機関に支払った患者負担分
    (あとから払い戻される分、付加給付などで受けられる分を除く)
  • 医薬品の購入費
  • 通院費用・往診費用
  • 入院の費用(ベッド代の差額を含む)
  • 歯科の保険外の費用
  • 訪問看護の利用料
  • 出産の費用(出産育児一時金、家族出産育児一時金、同付加金を除く)
  • 鍼・灸・あんま・マッサージなどの費用、柔道整復師(接骨院)の施術費(療養費として払い戻される分を除く)
  • 医師の処方箋に基づいて、運動型・温泉利用型健康増進施設を利用した場合の費用
  • 介護保険で提供されるサービスの利用料

なお、人間ドックなどの費用や美容整形の費用、健康増進のためのビタミン剤などの費用は、医療費として認められません。人間ドックなどの診断の結果、引き続き医療を受けた場合は、その診療の費用は医療費に含まれます。

前年分を3月15日までに確定申告する

医療費控除を受けるには、2月16日から3月15日までに(土・日が該当日となる場合は翌業務日に受け付け)、前年分の医療費の領収書、源泉徴収票などの書類を添えて、住所地の税務署に確定申告することが必要です(申告していなかった分については、5年前の分まで控除を受けることができます。)

MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから