TOP > 退職後の医療保険 > 資格喪失後の給付

退職後の医療保険 退職後もいずれかの医療保険制度に加入します

傷病手当金、出産手当金を受け続けられる

引き続き1年以上被保険者であった人が退職したときに、傷病手当金や出産手当金を受けているか、受ける条件を満たしていれば、在職中と同様に傷病手当金、出産手当金を受けることができます。受ける条件を満たしているときとは、たとえば、療養または出産のために会社を休んでいるが給料を受けていた人が、退職して給料の支払いがなくなったような場合です。

●手続き

在職中に受ける場合と同様ですが、事業主の証明は不要です。

 退職後6ヵ月以内の出産なら出産育児一時金が受けられる

引き続き1年以上被保険者であった人が、退職して6ヵ月以内に出産したときは、出産育児一時金を受けることができます。※出産育児付加金はなし

なお、被保険者が退職し、6ヵ月以内にその家族が出産しても、家族出産育児一時金は支給されません。

●手続き

在職中に受ける場合と同様ですが、事業主の証明は不要です。

 退職後3ヵ月以内の死亡なら埋葬料(費)が受けられる

被保険者だった人が、

  • 退職後3ヵ月以内に死亡したとき
  • 退職後に、傷病手当金、出産手当金を受けている間に死亡したとき
  • 2 の給付を受けなくなってから3ヵ月以内に死亡したとき

は、在職中に死亡したときと同じように、埋葬料(費)を受けることができます。この場合には、「引き続き1年以上被保険者であった」という条件はありません。※埋葬料(費)付加金はなし

なお、被保険者の退職後に、その家族が死亡しても、家族埋葬料は支給されません。

●手続き

在職中に受ける場合と同様です。
MY HEALTH WEB
健向人ポータルサイト
家庭用常備薬品のWEB斡旋はこちらから